保育士の給料事情について

###Site Name###

保育士といえば毎日子どもと一緒に遊んだり、勉強したり、食事や睡眠も共にとることで、働いている両親の代わりに1日のほとんどの時間を過ごす専門職です。最近では待機児童問題や保育士不足も嘆かれており、社会からも必要性が高く需要のある職業であるともいえます。

保育士としての就職先は保育園、託児所が大半であり、勤める保育園の場所や経営母体、規模などによってももちろん給料の額は異なりますが、基本的には新人正社員だと17.8万円程度で、主任やベテランクラスになっても25万円程といえます。



パート勤務であれば時給850~1000円前後のところが多いでしょう。

これは東京や神奈川などの首都圏エリアの保育園の場合であり、地方であると物価や家賃も安いことから初任給は13~15万円といったところもあります。

保育士の転職の情報が満載です。

同じ保育士でも給料の額に差が出るのは、勤め先が私立なのか、公立なのか、もしくは企業が運営している保育施設なのかによって資金基盤が異なることも理由としてあげられます。

私立だと法人と国から援助されている金額と、通われている家庭から支払われる保育料で職員の給料は賄われていますし、公立であれば公務員と同じ扱いなので国から給料が支払われます。

さらに企業が運営している保育施設の場合にはその企業からお給料が支払われるため、規模や景気の良し悪しによって左右されることもあり、私立や公立に比べると高給な場合もあります。

独自のシステムで保育士の転職の情報をお知らせします。

近年では深刻な保育士不足や業務内容と給与のアンバランスさを訴える活動などに影響されて年度末に一時金としてミニボーナスのような報酬が支給されることもあります。